桃花島と老頑童とパパの貴重なラブラブシーン♪

サルが久しぶりにDQⅧで遊んでいる。
「母ちゃん、この技見て!最強だよ♪」
言われて見てみると、ヤンガスの特技に《おっさん呼び》なる技が。
この技を使うと、何処からともなく謎のおっさん達が集団で現れて
敵を攻撃してくれるという妙な技。しかも結構なダメージを敵に与えてくれる。
「ね?これいい技でしょう?(ニヤリ)」
サルはおっさん達を呼びまくって、ラスボスを倒していました(爆)。





さて!こちらはオッサン達の宴を後にしたバカップル!

そうそう!ジェベ師匠が郭靖に会いに来たんだっけねぇ!?
って、別に郭靖を探しに来たわけじゃないんだけど…。
しかし、トゥルイとジェベ師匠。郭靖の隣に黄蓉がいたのに
全然気にならなかったのかなぁ?
普通気になるよね?「郭靖、あの娘さんは誰だ?」って。
そうしたら郭靖も答えに窮しただろうに、全く無視して去っていっちゃった辺り、
物語上そうしないとおかしくなるからか、蒙古の人達の人柄なのか…?

楊康はチョッとは頑張ったんだよね。
完顔洪烈を襲って、殺せないまでも「趙王」と呼んで決別しようと努力したんだよね。
すぐに丸め込まれちゃったけど…。

あ、そうそう。黄蓉もこの頃には江南七怪と和解する気になってたね♪
郭靖良かったねぇ!(笑) 「やっぱりお蓉はいい子だ!」って思ったんでしょ?(笑)

さぁ!海を渡ってあの島へ行くよ!!船頭さん!張り切っていきましょう!!
って、船頭さぁ~~ん!!!(爆)

着きましたよ!あの島へ!!
巨大迷路と謎の洞窟と素敵なおじ様のいるパラダイスな島!桃花島!
島のあちこちでスピーカーもないのにBGMの笛の音が流れてきます!
なんて優雅!なんてエレガント!(笑)

そんな島でさっそく鬼ごっこをして遊ぶバカップル。
お蓉…いくら自分の家に着いたからって奴の本拠地に入って
郭靖と一瞬でも離れたのはあなたのミスです!

出ましたぁ!ゴゴォーっと動く桃の木!巨大迷路モード発動!(爆)
桃の林もその先の竹林も全て巨大迷路となっております♪
あっという間に別れ別れにされてしまった郭靖と黄蓉。
お蓉は仕方なく久しぶりの我が家に帰宅。自室に引きこもり(笑)。

郭靖がウロウロしていて偶然見つけたお蓉のお母さんの霊廟。
「私はお嬢さんの……。まずは挨拶させてください!」
後ろで監視員が見てたけど、ちゃんと叩頭してたのでここは命拾い(笑)。

そして更にウロウロさまよう内に…。
ひっさしぶり~~!独孤求敗!相変わらず知的だねぇ?(笑)
『赤壁(レッドクリフ)』で、赤壁からここまでやってきたんだよねぇ?(爆)
え?赤壁で見た顔が息子を連れてもうすぐこの島にやってくる?アハハ!
他人の空似じゃない?気のせいだよ気のせい!(笑)

郭靖がそんな亀の独孤求敗の後をついていくと…
おぉおお!これまたひっさしぶり~~!!老・頑・童!!!
相変わらず馬鹿だよねぇ!?(爆)
馬鹿同士、すぐに意気投合で仲良くなる郭靖と周伯通♪

そして、伝家の宝刀《駄々っ子の地団駄踏んで泣き喚き》作戦で
郭靖との義兄弟を勝ち取った老頑童。その技はアンタ以外には使えません…。
っつうか、そこまでして郭靖と義兄弟になりたがる人もいません…(笑)。
因果応報。面倒臭い弟子を取ってしまった師匠の弟子は
更に面倒臭い義兄弟を作ってしまったのでした…(笑)。
七公!弟子の義兄弟の世話も焼かなくちゃいけないなんて、心痛お察しします!(爆)

しかし、洞窟で泥をこねて作っていた老頑童の人形(?)の映像…。
あれは一体何だったのか…?何回見ても気になるので
アートに造詣の深い方、誰か教えて!(笑)

そして!!老頑童の回想シーン!!
そう!新婚でラブラブ~~♪な黄薬師の貴重な証拠映像!!(爆)
キモッ!ッて言うなぁ!!!そこ!目を背けるな!!(爆)
楊過と小龍女なんて目じゃないモンね!!
このカップルの行くところ全て世界が甘く桃色に歪んで…いや輝いて
その熱々ぶりに人々は開いた口が塞がらず
熱気にやられて数日寝込むこと間違いなし!素敵だわぁ♪(爆)

そして私の一番のお気に入りのシーン。
「お父様!朝御飯が出来たわよ!」と言う黄蓉に
「痺れ薬入りのか?」とニヤつきながら入ってくる黄薬師。
ほのぼのとした親子の日常って感じで、とっても和やかで癒されるシーンです♪
え?何処がほのぼのかって?ほのぼのジャン!
愛情溢れた笑顔を交わす父娘!朝からジョークの耐えない明るい家庭!
ほらね!ほのぼのとしてるでしょう!!

そして家出している間の話を父に聞かせる黄蓉。
それを目を細めながら聞いているパパ・黄薬師。
暖かな潮風に吹かれながら眼下の波音をBGMに過ごす昼下がり。
なんてまったりしてるんでしょう!最高だよ!桃花島!

こちらは洞窟の馬鹿義兄弟(笑)。
暇に飽かせて空明拳だの左右互縛術だのを義弟に伝授して遊ぶ義兄。
世間知らずな可愛い娘さんには教えても田帰農になんか教える気はないからね!(爆)

そんでもって《九陰真経》まで教えようとする老頑童。
知らなかったとはいえ、それは義弟を殺す事と同じですよぉ!!
昔から知らなかった事が多すぎる老頑童こと周伯通。
だからあんなややこしい事態も引き起こしたっていうのに
あれから数十年経っても変わらないアンタが好きだぁ!!(笑)

そして!来週は、待ちに待った楽しいイベント!比武招親第2弾!!
「チキチキ!歌って叩いて覚えまっしょい!!」
比武招親というよりは、贔屓しまくり八百長テスト!ッて感じだよねぇ!
普通テストの不正は、カンニングとか受ける側がやるものだけど、
こっちはテスト出す側が不正(贔屓)しまくりだからねぇ!!
ホッホッホッ!パパだから、許す!(爆)

tag : チャンネルNECO 武侠 金庸 射英雄伝

comment

Secret

中国紅茶さんへ

你好!はじめまして!ようこそ拙宅へ!
FC2フログが中国で閲覧できなくなったと聞いていたので
とても残念に思っていました。
そんな中で中国紅茶さんが来てくれました!とても嬉しいです!
あなたにとっては外国語な日本語で書かれたこのブログ。
毎回長文なのに記事を読んでくださったとは感激です!謝謝!

しかもパパ(黄薬師)好きの方!好!なんて趣味の良い方だ!w

>「九陰真経」というドラマ
きゃあ!きゃあ!見てみたいです~~!
きっとお茶目でキュートでシャイな黄薬師炸裂してるんだわぁ!
(見てもいないのに妄想が既に暴走中^^)

>日本でも、武侠が好き、
>黄薬師が好きな人はいますなんか、嬉しいすぎる~~
いますとも!黄薬師はともかく(笑)、武侠好きは確実にいます!

>ここに来てもいいですか~もっと武侠のことを交流したいです
勿論大歓迎です!是非また来てください!

rei★azumiさんへ

でしょう?パパってばホントにお茶目さんでしょう?♪
やっぱパパが最高!です!^^

No title

もう、「さすが!!!」しか言えませんですね~笑
金庸先生の影響力は、やはり世界レベルですか~
はじめまして~
中国で、同じく武侠のことを愛している紅茶です~~><
私も、東邪が大好き!!!金庸小説の中、一番好きな人です!!
子供の時、テレビで「九陰真経」というドラマが放送しました~そのドラマは東邪と彼の妻である衡についての物語です~私、そのドラマを見て、黄薬師が好きになりました~~~外観はクールけど、内心はかなり熱いの黄薬師、とても素敵です~~!!><
私が一番覚えるのシーンは、やっぱりそれかな~その時、衡は国から脱走したばかり~もうすぐ捕まれたところに、東邪と会った!!!クールな黄薬師は、酒を飲みながら、無関心満々の様子です~衡は助けを求めて、そして、黄薬師はこう言いました。。。「俺は、自分の女だけ救う。」本当、俺様ですね~!
最初は強引な悪人と思ったけど、だんだん東邪の優しさを感じた衡は、黄薬師と恋に落ちた~><とても、とても、素敵な二人です~!!
黄薬師が好きなら、このドラマを是非見てください~~><黄薬師役の姜大衛さん、その時もう若くないけど、私にとって彼は一番の東邪です~!!!
あ、なんか、言いすぎるみたいですね~~汗
すみませんでした~~日本でも、武侠が好き、
黄薬師が好きな人はいますなんか、嬉しいすぎる~~
あの、日本語は下手ですから、何が間違ったなら、無視してください~~笑
また、ここに来てもいいですか~もっと武侠のことを交流したいです~><

No title

>そして私の一番のお気に入りのシーン。

はい。このシーン、私も大変気に入りました。
本当に、仲良し父娘ですねぇ(笑)
しかも、お茶目だし♪
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村