久しぶりの中華街

久しぶりに来る度に変わっている中華街。
土地勘がない方、しばらくご無沙汰の方はこのMAPでも見ながら
お読みいただければ、ちょっとは想像の助けになるかもw

《中華街MAP》
http://www.chinatown.or.jp/accessmap






1年ぶりに石川町駅から中華街に向かう。
延平門をくぐった辺りで、蝉の鳴き声が聞こえてきた。

「ミーーンミンミンミンジーーーー…」

あれ?なにこの久しぶりに聞いた感?

そういや我が家の近所で聞こえる泣き声は

「キキキキキキキ…」

ヒグラシですか?もう夏の終わりですか?って泣き声だったもんなー。
アブラゼミとかクマゼミとかしばらく聞いてなかった気がする。
これは地域の違いなのか?
それとも地震や異常気象によるものなのか?
なんて思いながら善隣門を目指す。


左手の高校は昔友達が夜間高校生として通っていた高校。
ん?名前が変わっているような気がする…?
前はこんな名前の高校じゃなかった気が…?

横浜市立港商業高等学校

私が住んでた頃はこんな名前の学校だった。
2001年に変わったんだねぇ。気がつかんかった。

あれ?こんな所にチャイハネあったけ?
チャイハネは昔っからよく通った店だけどその頃は武器屋の向かいの店だけだった。
あれから二十年以上経っていたるところに支店が出来てるなー。

いつもなら長い時間電車に乗った後で善隣門の角のカフェで一服タイムなんだが
今日は時間がないのでぐっと我慢してスルー。
とりあえずカラオケ天を目指す。

カラオケ天は、中国曲が豊富にあり機種も新しいカラオケ店。
中華街っていう割には中国曲が豊富なカラオケ店がメッチャ少ないのよねー。
で、数年前からここに目星を付けていたのです。

店内に入ると可愛い女の子が二人ロビーのソファに座って遊んでいました。

「カラオケですか?」

姉妹と見られる二人の内、大きい女の子が私に声をかけた。

「うん。そうなんだけど、今日じゃないんだよね。予約しにきたの。」
「予約~~?」

ちょっと不思議そうに私を見上げながら彼女は立ち上がり
入り口まで行くとドアを少し開けて中国語で何か叫んだ。
最初の「大家―!」しかわからんかった(笑)。
すぐに姉妹の祖父母と思われる老夫婦が入ってくる。
笑顔で私に会釈して姉妹の隣のソファに座った。
しばらくして今度は姉妹の母と思われる女性が入ってきて

「你好」

と私に声をかける。条件反射で私も「你好」と答える。
でも、もちろんそこからはオール日本語です!(爆)
で、無事に最初の予約は完了。

一昨年までは予約を入れる際に、予約者(幹事名)を聞かれて
説明したり書いたりするのが面倒だった。
だから昨年は試しに名刺なるものを初めて作ってみた。
なかなか便利だったので今年はちゃんとしたものを多めに作り持参してきた。

「(予約者の)お名前は…?」

と聞かれてサッと名刺を取り出し、

「これです。これ(と言いながら「どぅいちゃん」を指差す)が名前。」

と言えばそれでOK!楽チンポンだゼイ!w


カラオケ天を後にして、再び善隣門まで戻る。
さて、蒙古火鍋の店に行くか先に夜の会場を押さえるか・・・。
白陀山女子会がお勧めの大連餃子基地も見てから昼は決めよう。
というわけで大通りを進む事にした。

チャイナスクエアの看板、デカくなってね?
このビルの中にあるカラオケの鉄人中華街店は五覇崗会が御用達にしていた
バリアフリーなカラオケ店だったんだけど、一昨年辺りから
中華街にあるのに中国曲はどんどん縮小されて今は普通のカラオケ店になりました。
とても残念でなりません。
確かに中華街の観光客は日本人が主なんで中国曲を選ぶ人は少ないのかも。
服や雑貨や食事は買えば知識無しでも身に着けたり食べたりできるけど
中国曲は曲自体を知らないと歌おう(選曲しよう)とは思わないもんね。
中華街の中国人は皆お店を持つサービス業従事な人が多いでしょうから
カラオケで遊ぶ暇もないのかしら?

中国人が多く集まる池袋やその周辺なら中国曲の多いカラオケ店も増えるので
皆さんも探してみてはいかがですか?



話はそれたけど・・・


大通りを歩いている内に次第に空が暗くなってきた。
ヤベッ!にわか雨でも来そうだな。
歩みを速めて夜の会場候補の店に到着。
ここは中華街でも数少ないバリアフリーのお店です。
他にも数店利用しましたが、やはり通路やエレベーターが狭かったりして
イマイチなお店が多かったのが正直なところです。
萬珍楼なら文句なしの広さやサービスが期待できるのでしょうが
その分お高いので毎回スルーさせていただいております(汗)。
毎回同じお店というのもどうかな?と思ったりもするけど
広さやサービスとお財布とを鑑みるに現状ではここが一番ベストだと思います。

で、候補のお店に到着。店内に入り案内も待たず受付カウンター前に立つ。
毎年予約の管理をされている老婦人が今年もそこにおられました。
予約の旨を告げ、空き状況を確認してもらい無事夜の会場確保。
予約者名を聞かれ件の名刺を取り出して見せるとその老婦人が一言。

「昨年もいらっしゃいましたか?」
「はい!ここ数年毎年利用させていただいてます!」

というわけで無事夜の会場も確保。

店を出ると頭にポツリポツリと雨の感触が。ヤベッ!来たな!
大連餃子基地はすぐそこだ。下見も兼ねてそこに飛び込む。

「いらっしゃいませ。」

腹も減ってるからここで食べていっちゃえ!

「黒胡麻酢豚定食!」

1人という事で1階奥のカウンター席に通された。
目の前は厨房。

小さなお店なので店内は狭い。特に1階は厨房と会計カウンター等があるので
テーブルは2卓くらいかな?あとで2階も覗いてみよう。
でも黒胡麻酢豚定食は美味しかった!また写真撮るの忘れた!(汗)

食べ始めると開いたドアから通りを歩く女性の慌てる声が聞こえる。
振り向くと外は土砂降りだった。
定食についたデザートも食べ終わった頃Twitterから

「パクチーサラダ食べてぇ~~~!」

という声が入ってきた。外は激しさは少し治まったもののまだ雨が降っている。

「すいませーん、パクチーサラダ1つ。」

パクチーサラダも美味しかったです。食べ終わって振り向くと雨はほぼやんでいた。
会計を済ませてちょっと2階も覘いてみた。
う~む…。いつもの昼ならここの広さでも十分かもしれないが
今年は「軽く殺さないでください」と言うヤツがいるからなー…。
ここは次回の候補ということで!

で、3分の2の用事が済んだので食後の一服タイムと洒落込みますかー!
雨上がりの大通りから香港路に折れる。
雨上がりで風も少し涼しくなってる。善哉善哉w
香港時と言えば大福林。ここの店は全品380円という超リーズナブルなお店。
味も美味しいのでお財布が厳しい方も安心なお勧めのお店です。
開店時間も比較的遅くまでやっているので一度お試しあれ!
でもなぁ!今はお腹いっぱいなんだよなぁ!ごめんなさい!大福林!

で関帝廟通りに出る。目指すは関帝廟前にある横濱バザールという建物。
その前に関帝廟前の角にある駄菓子屋の店先でいつものオジサンと談笑。
この人はそれこそ昔っからそこで手相や名相をみている風水師のオジサン。
最近中華街にも手相やら占いの館がやたら増えたけど
このオジサンは老舗中の老舗ですw

その駄菓子屋の店先にあるガチャガチャは、「うんちクン」ガチャガチャです。
ブタの所望でそれも1つGET(ため息)。

で、横濱バザールに到着。とっとと階段を上がり3階に行き一番奥の右側のお店。
江湖では知る人ぞ知る武侠コミックカフェ・関帝堂。
最近マスターがどんどん邪派化しているのが気になるところです。
お客さんに問題があるんじゃないでしょうかマスター?(爆)

腹いっぱいなモンでお茶タイムという事で本日のドリンクの中から
ナチュラルハーブ茶(オレンジピール)なるものを所望。
ついでに持参してきた名刺を何枚かマスターに渡し
五覇崗会の告知協力をお願いしましたw

「マスターがこれはと思う人に渡してねw」

今思ったんだけど、渡すの邪派限定じゃなくていいですからね!マスター!(爆)

で、テラスに出て待望の一服ターイム!ww

このハーブ茶不思議なのよー!

口に含んだ時、まろやかを通りしてとろ~っって感じの濃厚な食感。
でものど越しはすっきりだし後味はさっぱりしててとーっても不思議!
オレンジの香りが淡く口の中に広がって爽やかな感じでとても美味しい!

お茶受けのミニ月餅やラスクやパウンドケーキも美味しい!
あとゼリーの上に練乳と黒蜜でパンダを描いてくれたのも
視覚的にも味覚的にも涼やかで美味しかったよぉ!

あ、スイーツ系はまたもやさっさと胃袋に消えてしまったんで写真は無し!(汗)

ゆっくりまったりお茶を楽しみたいのに、テーブルの携帯からは

「掌門がお邪魔するそうで、壊れる物はしまってください!」
「お店壊れちゃうよーー!」
「鼎が飛ぶの?」

君達・・・騒がしいのだよ、お黙り!(爆)
心配性の迷子さんとアホ弟子共の相手をしていると
早速マスターがTwitterで告知を出してくれました。

でも、マスター。「たぶん安全です」って・・・(汗)。
大丈夫ジャン!マスターだってピンピンしてることだし!(爆)
大丈夫です!安全第一ですから!

「毎年死人出てませんでしたっけ?」

出してるかぁーーー!ボケーーーッ!

そんな事言ってる間に気がつけばもう4時半。
ヤッベッ!もう行かなくちゃ!!

大珍楼で土産の胡麻団子を買いたかったのでまた香港路から大通りに戻る。
左手に何やら工事中の区画が…。

あぁーーーー!安楽園―――――!!(涙)

Twitterで噂は聞いていたけれど、マジなくなっちゃってるよ…(号泣)
なんか古き良き中華街の名残がまた一つ消えたみたいで寂しい。


でも凹んではいられない。
急いで残りの昼会場候補のお店に行って予約を済ませる。
ここは土日は安いランチコースメニューがないらしいので
席だけ予約で当日現場での単品注文にした。

これで今回の任務終了!急いで帰らないと!
実はその夜には別口で飲み会に誘われていたのです。
石川町駅から我が家の最寄り駅まで約3時間!
急げ!どぅいちゃん!飲み会に間に合うのか!?


こうして午後2時から午後5時まで滞在3時間の横浜中華街を
後にしたのでしたw

comment

Secret

白姥へ

1人だと注文にも限界があるのでいつか数人で行って
いろいろ試してみたいですねーw

おつとめご苦労様でした!

大連餃子基地、デザートもうまうまですから、機会があればぜひ(*゚▽゚)ノ
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村